青梅/unripe Japanese aricot

essay

「うちはほかの木だけで十分だから、前田さんの田んぼの近くにある梅の実、とっていいよ。」

毎年言われていたのに、この時期は田んぼや畑で忙しいからと、取らずに過ごしてきた2年間。僕はなんともったいないことをしていたのだろうか。

田の草取りに合わせて、梅狩り&仕込みのイベントをしようと、持ち主さんに許可をいただき、木の下見をしに行ったところ、あれ?木が5~6本ある。どの木のことだろうと電話してみると、全部取っていいとのこと。えー、マジっすか、と俺、ニヤケ顔。

並んだ木を実際に見ると、テンションがあがってくる。よくよく考えると、「1本の木の実、全部あなたがとっていい」とは、なんと甘美な響きだろうか。それが5~6本もある。梅狩りがたのしみだ。

20150602_01s

青梅はスーパーで買うと、1kgで千円くらいだろうか。値段を見てしまうと、どこかで時給1200円で1時間働いて、スーパーで買ったほうが効率はいい。だが、この木を見てほしい。下草刈りはしているけれど、農薬を使わず、化学肥料をやらず、自然になっているものだ。その中から、一番いい時期に、一番良い実をとって、新鮮なうちに仕込むことができるのだ。梅の木をよく見ると、葉っぱの下に実をつけている。もぎってみると、意外にすぐに取れる。売られているものを買えば、これらの体験や情報は入らない。値段をつけて数字だけで考えてしまうと、もっといいことに気づかないばかりか、落とし穴に落ちていることにさえ気づかずに過ごしていることもある。

梅酒が欲しいなら買えばいい。梅干が欲しいなら買えばいい。ただどちらも、どんなに高価なものでも、買ったものが本当に心からおいしいと思ったことはほとんどない。味噌と納豆は、僕の腕が悪いのか、僕のまわりの菌類がよろしくないのか、まだ買ったもののほうがおいしいような気がする。おいしいけれど、一度も作ったことがなければ、なぜおいしいのか、どのくらい手間がかかっているのかは、頭ではわかっても、そのおいしさを体で感じられる日は一生訪れてはこない。

毎年自分で青梅をとって梅酒をつくれば、どんな梅がおいしいのか、どんなアルコールが合うのか、毎年違った風味を、自分に合った味をたのしめるようになるに違いない。棚をつくって並べて、年別のコレクションなんてのもいい。多少味が落ちるのがあったって、買い物失敗の敗北感を味わうよりも、それをネタに仲間と話をして、自分で作った満足感を感じたほうが幸せだ。そして来年はこうしようだとか、新たなたのしみや意欲に変わる。

自分が青梅を出荷することを考えてみよう。1.道具を準備し、2.収穫し、3.重さを量り、4.袋に詰めて、5.ラベルを貼る。6.車で販売所に持っていき、7.商品を並べる。1kg千円で売れたとしても、経費を差し引くと自分に入ってくるのは、当然千円未満だ。あんまりたのしいことではないように想像する。自分でやれば、3以降の作業は誰もやらなくて済むし、ガソリンは使わなくて済むし、ゴミは出ない。その分、木の持ち主さんに収穫の一部やできたものでお返しをする。心がつながり、循環が生まれる。

消費で終わるのではなく、お返しで終わらせる。すべてのことに循環のデザインを取り入れたいと思っているが、このことはまた今度。

さあ、難しいことはさておいて、ただ梅狩りをたのしみ、ただ梅酒をちびちびやりながら、今年は仲間と梅味噌や梅ジュース、梅干しでも仕込むとしますか。

20150602_02s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>